タイ・リーグ2

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Top News About About 本拠点の特色と意義 拠点長メッセージ 国際研究拠点 印刷物 さまざまな活動 People People 免疫グループ イメージンググループ バイオインフォマティクスグループ 融合研究ユニット 融合研究ユニット 共同研究部門 共同利用施設 共同利用施設 事務部門 組織図 Giving Gallery Recruit Recruit IFReCで研究する・働く 公募一覧 Links Access Staff Only JPEN Home News & Topics CD4+T細胞の自己免疫疾患における細胞応答が明らかに(大倉-坂口 G が Cell Gen. に掲載) News & Topics Research 2024.01.05 CD4+T細胞の自己免疫疾患における細胞応答が明らかに(大倉-坂口 G が Cell Gen. に掲載) PRESS RELEASE 大阪大学大学院医学系研究科の安水良明さん、大倉永也特任教授(基礎腫瘍免疫学)、坂口志文特任教授(IFReC 実験免疫学)らの研究グループは、シングルセル解析を通じて詳細なCD4+T細胞のリファレンス構築と自己免疫疾患における大規模なプロファイリングを行いました。20疾患、953人、1,809,668 CD4+T細胞によるメタアナリシスを行い、多発性硬化症、重症筋無力症、全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患特異的なCD4+T細胞変化を同定しました。さらに、ゲノムワイド関連解析と統合解析を行うことで、CD4+T細胞遺伝子プログラムへの遺伝要因の集積を明らかにしました。この成果は、2024年1月4日に米科学誌 Cell Genomics に掲載されました。解説 (PDF)Article​ (外部リンク) Contact 坂口志文 研究室 shimonifrec.osaka-u.ac.jp 実験免疫学 Back to All Archives 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度

セビージャ対ジローナ ヴェガウォレット モレンベーク 888gold
Copyright ©タイ・リーグ2 The Paper All rights reserved.